魚を捌けるようになった私

嫁いで9年が経ちました。嫁いだ先は釣り好き一家。北海道に住む旦那の父の趣味は年に一度の「鮭の一本釣り」です。

秋の鮭の遡上の時期には毎年釣りに出かけます。昨日、その鮭が2匹家に届きました。

結婚一年目。今まではサンマ位しか捌いたことが無かった私の元に、一本まんまの鮭が渡されました。義母がさばきかたを教えてくれて、苦戦しながらも50?以上ある鮭をさばきました。イクラも初めて漬けました。本当に難しかった!
二年目。去年を思い起こしながらの挑戦。「私もさばいたことある。」という気持ちから少しは上達。
三年目。上手く三枚におろすことも出来るようになり、自分で捌いたものをご近所さんにあげれる位になりました。
そして四年、五年、、と毎年秋には鮭を裁き、同じく釣り好きな旦那もすっかり捌けるようになりました。

今年、九年目。
裁さばくのも夫婦揃ってお手のものです。旦那が三枚におろし、私が切り分け保存。イクラを漬ける。今年は特にスムーズで、イクラも美味しく漬かったみたい。「9年経つと、こんなにも違うんだな。」って染々思いました。

ちなみに、北海道民はイクラを漬けるのが定番なんです。スーパーで筋つきのままのイクラを買ってきて自宅でイクラをほぐし、好みの味に漬ける。沢山の家庭で行われているんです。当たり前すぎるので、道外の人から言われるまで気付かなかった位です。

我が家は義父が釣ってきてくれるのでタダで新鮮で美味しいイクラが食べれちゃいます。先日もブリを一本もらいましたが、鮭に比べるとさばくのも小さくてやりやすい位。昔はサンマしか出来なかったのに、成長したなって、この季節は毎年実感します。嬉しい実感。

明日は美味しく浸かったイクラと焼き鮭作って、鮭の親子丼っ。