生後3ヶ月の子どもの病院通い

近頃、子どもの血便や肌荒れ、予防接種などで病院に行く機会が多くなりました。初めは一人で連れて行くことに不安があったものの、子どもの成長も手伝って少しずつ余裕がでてくるようになりました。

最初に連れて行ったのは2ヶ月になったばかりの頃。家を出るギリギリまで授乳をし、いつ起きるかいつ泣き出すかとひやひやしながら呼ばれるまで待っていました。

それからひと月経った今は授乳したあとに自分の準備をし、待ち時間に起きてしまっても座りながらゆらゆら揺れてみたり、何故かにっこにこでご機嫌な子どもに助けられゆったり待つことができています。それでも早く呼ばれると安心しますけどね(笑)

同じく待っている少し月齢の高い子が興味津々に我が子を覗き込んでいたり、もう少しお姉さんな2~3歳の子に「たい!」と話しかけられたり、小学生くらいの子だとママに可愛いねえと言われてちょっと恥ずかしそうに頷いていたり。

元々子ども好きな私は、そういうちょっとしたふれあいを楽しんだりもしています。

病院通いは大変だけれど、自分の子どもの成長がわかったり、年齢が進めばああいう風になるのかな~?という見本をたくさん見ることができたり、楽しい勉強になることもあるのだなと実感しました。

診察結果も問題なく、これからもすくすく健康に育ってくれることを願います。