となりのトトロ、ついつい見てしまいました

昨夜日本テレビで、ジブリの隣のトトロを放映していました。最近テレビを見るということもめったになくなり、番組表をチェックするということもなくなってしまいました。

たまたま妻がテレビをつけたところトトロがやっていたみたいで、それでトトロの放映に私も気づいた位です。

過去に何度見たかわからないとなりのトトロですが、お気に入りの映画となったのはここ10年くらいのことです。年齢で言えば30歳位になった頃のことでしょうか。

それまでも宮崎駿監督作品は僕のお気に入りの映画で、魔女の宅急便、紅の豚、天空の城ラピュタ、風の谷のナウシカなどどれも一生見続けたいい映画だと思っています。

ただトトロだけ30歳になるまでは何が面白いのか実はよくわからなかったんです。よく同じ小説でも読んだ時の年齢によって感じ方が違うなんて話を耳にしますが、まさにそれと同じ感覚ですね。その映画を見た年齢によって感じ方が違う、となりのトトロを見た時の年齢によって感じ方が違ったということだったんだと思います。

確かに学生の頃の感じ方と、社会人になってからのものの捉え方は異なって当然だと思います。Siamをそれなりに広くなったことでしょうし私の場合はいわゆる底辺の仕事からトップランクの仕事まで経験したと思いますのでそういう影響があったんではないでしょうか。

ということで昨日はついついとなりのトトロ見てしまいました!