inti 目覚まし時計 めざましテレビで紹介されちゃいました!

inti 目覚まし時計がめざましテレビで紹介されちゃいました(^O^)/

私も愛用している「inti」光で起こしてくれる目覚まし時計がフジテレビの「めざましテレビ」でピックアップされていました!やっぱり自分が愛用しているものを取り上げられるのは気持ちのいいものですね。

 

人間は元来、太陽の光で生活リズムを作っていました。日が昇れば目を覚まし、日が沈めば一日の終わりを認識していたのです。

そうはいっても、現在のような夜でも電気の光が煌々と輝いている時代では太陽のリズムを体が認識するのが難しいといえます。そんな現代人の疲弊したサーカディアンリズムを優しく刺激して光の力で快適な朝を迎えさせてくれるのがめざましテレビでも紹介していた『インティ・inti』なんです。

育毛に大事なシャンプー後のすすぎ

洗髪後のすすぎが、育毛シャンプーを利用する場合には非常に重要です。洗う時間よりも、すすぎに費やす時間のほうを長くした方がいいと言われています。頭皮への刺激になるのがシャンプーの洗い残しで、肌荒れが起こる要因になってしまいます。とくに念入りなすすぎがおすすめなのが、頭皮の吹き出物やかゆみ、荒れで困っている人です。多少の洗い残しは、育毛シャンプーのようなアミノ酸シャンプーであれば気にすることはありませんが、もちろんしっかりとすすいだほうが良いといえるでしょう。より簡単にシャンプーを洗い流すためには、いくつかお湯ですすぐ時間を長くするほかにも方法があるといいます。しっかりと育毛シャンプーの前にブラッシングをしたり、ゆっくりとお風呂に入って汗をかいたりすることも、すすぎやすくするには良い方法です。汚れや老廃物が洗い落とされやすくなるためです。まず後頭部から側頭部、そして頭頂部、前頭部とすすでいくのが、おすすめのすすぐ順番です。育毛シャンプーの泡が順番を逆にすると、すすぎが終了した場所にまた流れていったりもするのです。特にすすぎ足りないことが、耳のまわりや、えり足などにはあるようです。育毛シャンプーを利用する時にはすすぎもしっかり行うようにしたほうが、洗髪そのものも大事とはいえ良いといえるでしょう。

髪 ボリュームアップさせたい

生後3ヶ月の子どもの病院通い

近頃、子どもの血便や肌荒れ、予防接種などで病院に行く機会が多くなりました。初めは一人で連れて行くことに不安があったものの、子どもの成長も手伝って少しずつ余裕がでてくるようになりました。

最初に連れて行ったのは2ヶ月になったばかりの頃。家を出るギリギリまで授乳をし、いつ起きるかいつ泣き出すかとひやひやしながら呼ばれるまで待っていました。

それからひと月経った今は授乳したあとに自分の準備をし、待ち時間に起きてしまっても座りながらゆらゆら揺れてみたり、何故かにっこにこでご機嫌な子どもに助けられゆったり待つことができています。それでも早く呼ばれると安心しますけどね(笑) Continue reading

気になる調理師試験の結果

今日は2か月前に受験した調理師試験の結果発表の日だ。夫の健康を考えて国家資格である調理師を受験しようと決めたのは約1年前のことだった。幸いにもアルバイトで飲食業をしていたため、受験資格も満たしていたので参考書を数冊買い勉強した。
Continue reading

子どもと主人

子どもは、お腹の中にいるときから母親の声はわかるといいますが、父親はいつわかるのか、もしかすると、6ヶ月頃になると、もうわかっているのか、よくわかりません。

私が主人に手伝うように促しても、なかなか上手くできず、子どもが泣いてしまい、主人はあたふたし、次に子どもと関わるのが怖くなってしまう、ということがありました。

私はそんなとき、一緒にあやし、笑いながらそばに寄り添い、主人にコツやアドバイスをして、なんとか主人の手で子どもを触るということをさせてきました。

すると主人は肩の力が抜けたのか、子どもに笑いかけたり、声をかけたり、自分の笑った顔を子どもに見せるようになりました。

子どもはもう目が見えているので、主人の笑顔をみると、少しずつ反応が変わってきて、最近では声を出して笑うようになりました。

上機嫌になりすぎて、夜も寝ないほどです。

私としては、夜寝てくれないのは非常に困っていますが、主人が前よりも少し、父親として成長してくれた成果がでているのかな、と思っています。

初めは主人にコツやアドバイスをするのは嫌でしたが、そこを私自身が乗り越えたことにより、前よりも家族になってきたのではないかと思います。そして、一番成長したのは、主人にコツやアドバイスをしたことにより、少し心が広くなった私なのではないか、と思います。

魚を捌けるようになった私

嫁いで9年が経ちました。嫁いだ先は釣り好き一家。北海道に住む旦那の父の趣味は年に一度の「鮭の一本釣り」です。

秋の鮭の遡上の時期には毎年釣りに出かけます。昨日、その鮭が2匹家に届きました。

結婚一年目。今まではサンマ位しか捌いたことが無かった私の元に、一本まんまの鮭が渡されました。義母がさばきかたを教えてくれて、苦戦しながらも50?以上ある鮭をさばきました。イクラも初めて漬けました。本当に難しかった!
二年目。去年を思い起こしながらの挑戦。「私もさばいたことある。」という気持ちから少しは上達。
三年目。上手く三枚におろすことも出来るようになり、自分で捌いたものをご近所さんにあげれる位になりました。
そして四年、五年、、と毎年秋には鮭を裁き、同じく釣り好きな旦那もすっかり捌けるようになりました。

今年、九年目。
裁さばくのも夫婦揃ってお手のものです。旦那が三枚におろし、私が切り分け保存。イクラを漬ける。今年は特にスムーズで、イクラも美味しく漬かったみたい。「9年経つと、こんなにも違うんだな。」って染々思いました。

ちなみに、北海道民はイクラを漬けるのが定番なんです。スーパーで筋つきのままのイクラを買ってきて自宅でイクラをほぐし、好みの味に漬ける。沢山の家庭で行われているんです。当たり前すぎるので、道外の人から言われるまで気付かなかった位です。

我が家は義父が釣ってきてくれるのでタダで新鮮で美味しいイクラが食べれちゃいます。先日もブリを一本もらいましたが、鮭に比べるとさばくのも小さくてやりやすい位。昔はサンマしか出来なかったのに、成長したなって、この季節は毎年実感します。嬉しい実感。

明日は美味しく浸かったイクラと焼き鮭作って、鮭の親子丼っ。

避けては通れないトイレットペーパーのくるくる

1歳7ヶ月になる末っ子のトイレットペーパーくるくるが始まりました。1歳になる前は箱の中からティッシュペーパーを飽きることなく全てを外に出し遊んでいました。だされてしまったティッシュペーパーを全て捨ててしまうのはとてももったいない気がしたので、細かくビリビリされたものはゴミ箱へ、まだ使えると判断されたティッシュペーパーたちはビニール袋の中へとしまわれ、冬の間順番で風邪をひいている上の子たちのはなち〜んに使われていました。上の子2人も同じように飽きるまで箱の中からティッシュペーパーを引っ張り出していたので、末っ子にも飽きるまで同じようにやらせていました。そしてまた上の子同様、今度はトイレットペーパーをくるくる。しっかり歩けるようになって、お兄ちゃん達が入って行くあの部屋がとても気になりだしたようでお兄ちゃん達がトイレに行くときには必ずついてゆきいたずらマンとなります。上の子の時もいつか飽きてやめるだろうとあまり怒らず見守っていたのですが、くるくる引っ張ってしまったトイレットペーパーをまたくるくると巻き直すのは出されてしまった箱のティッシュを回収するよりも労力が必要でちょっと面倒臭い。だけど怒らず見守り続ける理由は、トイレに嫌なイメージをつけて欲しくないからです。トイレは楽しい場所というイメージでトイレトレーニングを始めたいと思っているのでとりあえず今はしょうがないなぁと言いながら、くるくると引っ張られてしまったトイレットペーパーを巻き直しております。トイレトレーニングを始めるのは来年の夏になりそうですが、きっとそれまでやり続ける事はないでしょう。今だけ今だけ。

妖怪ウォッチ 妖怪メダルゲット

昨日、妖怪メダルゲットしました‼
昨日発売の『古典メダル』&『ゼットメダル』です。
お店のオープンが10時だったので、その頃行けばいいかなぁと思っていたのですが、先日お友達に聞いたところそれでは多分間に合わないと言う事だったので、お店に9時過ぎに到着するように家を出ました。
予定通り9時過ぎにお店に到着したのですが、もうすでに長蛇の列(・・;)
別の先頭に整理券を配りますと書いてあったので、一応並んでみましたが半ば私の中では諦めムードでした。係りの人が列を整えるために近くまでやってきたので、今から並んでも買えるのかどうか確認してみました。すると『購入できます‼︎』との答えが返ってきたので、そのまま並んでいることにしました。
子供は大喜びしていましたが、本当に驚きの人数です。それにしても『妖怪ウォッチ』、すごい人気です。大人気だなぁとは思っていましたが、その人気を目の当たりにすると改めて驚きました。
しかし前日に、この情報を友達に確認していなかったらきっと買えなかっただろうなぁ〜。
その時の残念そうな子供たちの顔が目に浮かびます。なので今日ゲットできて本当に良かったです。
我が家は子供の数が3人なので、私の分と合わせて4人分。『古典メダル』『ゼットメダル』それぞれ1人2パックずつ購入可能だったので全部で16パックを購入しました。そうすると料金もそれなりで、ちょっとお会計の時にびっくりしました。一つ一つの値段は大したことありませんが、やはり16パックとなると…。そんなに手に入るものでもないようだし、致し方ありませんね。
きっと昨日はどこのお店でも朝から行列ができていたんじゃないかなー。たくさんの子供たちが『妖怪メダル』をゲットできているといいなぁ。さぁ何メダルが出るのか、早速開けてみよう‼

となりのトトロ、ついつい見てしまいました

昨夜日本テレビで、ジブリの隣のトトロを放映していました。最近テレビを見るということもめったになくなり、番組表をチェックするということもなくなってしまいました。

たまたま妻がテレビをつけたところトトロがやっていたみたいで、それでトトロの放映に私も気づいた位です。

過去に何度見たかわからないとなりのトトロですが、お気に入りの映画となったのはここ10年くらいのことです。年齢で言えば30歳位になった頃のことでしょうか。

それまでも宮崎駿監督作品は僕のお気に入りの映画で、魔女の宅急便、紅の豚、天空の城ラピュタ、風の谷のナウシカなどどれも一生見続けたいい映画だと思っています。

ただトトロだけ30歳になるまでは何が面白いのか実はよくわからなかったんです。よく同じ小説でも読んだ時の年齢によって感じ方が違うなんて話を耳にしますが、まさにそれと同じ感覚ですね。その映画を見た年齢によって感じ方が違う、となりのトトロを見た時の年齢によって感じ方が違ったということだったんだと思います。

確かに学生の頃の感じ方と、社会人になってからのものの捉え方は異なって当然だと思います。Siamをそれなりに広くなったことでしょうし私の場合はいわゆる底辺の仕事からトップランクの仕事まで経験したと思いますのでそういう影響があったんではないでしょうか。

ということで昨日はついついとなりのトトロ見てしまいました!